バレないための配慮はしてくれます。でも絶対バレないわけでは…

キャッシングをしているという事実はマイナスの要素と考えられがちで勤務先の同僚や友人に知られたくないと思っている人は多いようです。勤務先に知られてしまった原因の一つに在籍確認があります。在籍確認とは申込書に記載されている勤務先に間違いはないか、労働の実態があるかどうかを確認するための重要な手続きです。勤務先への実際の電話連絡で確認がとられることが多いため知られてしまう事があるようです。

 

しかし通常、電話での在籍確認では相手先にはオペレーターの個人名で行い、キャッシング会社を名乗る事はありませんから普通ならばバレる事はありません。しかし、特殊なパターンでは「キャッシングの在籍確認では?」と疑われたりバレたりする事もあります。

 

在籍確認でキャッシング利用がバレてしまうケース

バレたケースの一つに電話を受けた人がキャッシングの経験者であったというケースです。これは特に外部からの個人あての電話がない、またはあっても少ないといった勤務先だった場合に起こるケースです。経験者ならば個人宛てに聞いたことのない個人から電話がかかってきたら「キャッシングの在籍確認かも」と気付く人もいるでしょう。

 

電話の会話を聞かれしまったために気付かれるケースもあります。まず、電話を別の人が受けて自分に変わったとします。その時にあなたの住所と生年月日をその時に電話で答え、その内容を最初に電話を取った同僚に聞かれたとしたら、その同僚はきっと怪しむでしょう。個人からの電話で生年月日を聞かれるという事はあまりありませんから。こういった形で在籍確認ではと気付かれる場合もあります。

 

また、リダイヤルも危険です。キャッシング会社からの電話に誰も出る事が出来ずに、一旦電話が切れた後に、同僚が気付いて着信履歴からリダイヤルをしてしまったとします。キャッシング会社から電話をかける時は利用者への配慮からキャッシング会社名ではなくオペレーターの個人名でかけますが、かかってきた場合はキャッシング会社を名乗ってしまいます。その結果、同僚にばれてしまうというケースもあるんです。

 

通常在籍確認は色々と利用者への配慮から非通知でかけることが多いです。しかし非通知のような電話は怪しいと考えられ個人情報などの観点からも着信を拒否している事業所も多いようです。そういう場合にはキャッシング会社の方も在籍確認せずに審査を続ける事は出来ませんので通知状態で電話をかける事もあります。

 

キャッシング会社側も在籍確認は勤務実態を確認するためだけの作業なので、なるべく利用者が快適にキャッシングを利用できるように勤務先へのキャッシングの事実がばれないための色々な配慮をしてくれます。

 

在籍確認電話の対策を考える

実例を幾つか挙げてみると、「勤務先への在籍確認の際に保育園でのことでの話があるという内容で電話をかけて欲しい」という申し入れでその通りに電話をかけたというケースがあります。また、「在籍確認の際の電話は男性からの連絡にしてほしい。」という希望もあったようです。

 

女性からの電話だとキャッシング云々より不倫を疑われる事を考えての対策だったようです。こういったケースにキャッシング会社側は柔軟に対応してくれるようです。勤務先で周囲の目が気になるようでしたらこういったケースのように自己防衛のための対策を要望として伝えてみてください。

 

ここで一つ、誰にでも対応できそうな対策があります。クレジットカードの在籍確認を利用する方法です。クレジットカードを作る場合もキャッシングと同様に在籍確認の電話がかかってくる事があります。ですから「クレジットカード会社から在籍電話の確認があったらお願いします。」と予め周囲に伝えておくことでクレジットカードの利用だと思ってくれるでしょう。キャッシングの事実が知られるよりもクレジットカードをつくる事の方がマイナスの要素が少ないでしょう。

 

しかし、それでもどうしても電話での在籍確認を避けたいのであれば勤務先に属しているという証明を他の方法でするしかありません。給与明細、健康保険証、社員証などで証明できる場合もありますので代替え手段につきましてはキャッシング会社の方に問い合わせましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日