親展ハガキは恐怖の手紙

最近では学生でもアルバイトで定期的な収入を得ることさえできればキャッシングを利用することができるようになり、非常に多くの学生が一般的に利用している現状があります。

 

しかし、中にはそのような現状を理解できない親がいるせか、親に内緒でキャッシングを利用しているという学生もたくさんいることでしょう。もちろん、内緒で借りることは可能なのですが、親にバレてしまう事例も多々あります。しかしそれでさえも、きちんと対策を施せば、親バレを防止することは可能です。

 

実家暮らしの場合、郵便物によって親バレしてしまう可能性

今回は一人暮らしの学生さんは除外します。なぜなら、彼らの場合は親にバレてしまう可能性がほぼあり得ないからです。本人確認も携帯電話ですませ、郵便物も下宿先に届くようにすれば、よっぽどなことが無い限りは親バレはしません。ですが、実家で暮らしている学生の場合、郵便物によって親バレしてしまう可能性があるのです。

 

郵便物は様々です。ローンカード、契約書、明細書などなど、上げればきりがないほどたくさんの郵便物が配送されます。もちろん、キャッシング会社もかなり気を遣ってくれており、キャッシング会社の名前を名乗らず「〇〇センター」と名乗り、その上「親展」、本人以外は見てはいけない郵送物だ、という印をつけてまで郵送してくれます。しかし、それが裏目に出てしまうのです。

 

そもそも親展ハガキなんかは普通に生活をしていれば届くことはまずあり得ません。その上聞き覚えのない場所から届いているハガキだと知れば、子供が何かおかしなことに巻き込まれてはいやしないかとついつい見てしまうのが親心です。そして見てみれば子供がキャッシングを内緒でしていたということが発覚してしまうのです。

 

返済期日を守らないと督促状などが届く可能性がある

また、通常の学生以外のキャッシング利用であっても、返済期日を守らなければ、自宅への連絡や督促状が届くなど内緒にしておいたキャッシングがバレてしまう可能性があります。が、学生のキャッシング、特に中小のキャッシング会社を利用している場合には、例え期日通りに返済をしていても親バレしてしまう可能性があります。

 

企業からすれば、期日通りに返済してくれる顧客は優良顧客に値します。もっともっと自分達を利用してもらいたいと「金利を下げるのはいかが」とか「融資枠を増やすのはいかが」とダイレクトメールをガンガン送ってきます。身に覚えのない親からすればキャッシングをしているのは自分の子供ではないかと疑い、そこでバレてしまうというパターンです。

 

ですが、このダイレクトメールは事前にカスタマーサービスに停止するように一報を入れれば届くことはありません。こちらは簡単な方法で対策することが可能です。このようなパターンに陥る学生さんの共通点に、中小のキャッシング会社を利用しているということが挙げられます。中小ならば、審査基準も緩く、簡単に利用できるのでは、と甘い考えを持つでしょうが、そのために余計な心配を負ってしまうこともあるのです。逆に大手企業の場合ならばこのような心配事は一切ありません。

 

大手企業の殆どはすでにWEB完結というWEBのみで全ての手続きを済ませてしまえるサービスを採用しており、それを利用すれば郵送物の殆どをカットすることが可能です。唯一ローンカードはWEBで済ませるだけでは郵送を回避することはできません。けれども、これも自動契約機を利用すれば郵送されることを回避できます。自動契約機ならば、その場でローンカードを発行することができます。このように、大手キャッシング会社ならば親バレのリスクをかなり軽減することがかのうです。

 

WEB完結で手続きをしようにも、中にはパソコンも親と共用のご家族もあり、パソコンでは手続きできないという学生さんもいらっしゃることでしょう。けれども、WEB完結はスマホでも利用可能ですので、自分の部屋でこっそり、または外出先で申込みをすることもできます。以上のことに気を付ければ親バレの心配は殆ど皆無だと言っても大丈夫でしょう。後は、自分自身、注意不足でカードを見られたり、明細表を見つけられてしまわないようにすれば完璧です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日