消費者金融と銀行カードローンの入金スピードの違い

キャッシングをしたい人というのは、少しでも早くお金がほしいからという理由にほかなりません。キャッシング会社を比較したとき、消費者金融と銀行カードローンでは消費者金融のほうが確実にスピーディーです。

 

なぜ、消費者金融の入金スピードがこんなに早いのかということについて、3つのポイントに分けてご説明していきます。

 

急いで借入れしたい方に最適なキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融の審査・入金スピードはなぜ早い?それには3つの理由があった

 

審査スピードの早さそのものが宣伝になる

審査スピードを早くすると、それだけで自社の宣伝になります。キャッシングにおいて審査時間が短いというのは、顧客から見るとメリットしかありません。ですから、顧客囲い込みのためにもキャッシングに関する審査時間を短くし、他社よりも自社でお金をどんどん借りてほしいと考える会社が増えてきたのです。というのも、かつては利子だけで潤っていた消費者金融業界は、法律の壁や総量規制、過払い金の請求などもあり、経営が苦しくなってきているのも事実ですから、新規の顧客をできるだけ多く確保し、利息分を多くしたいと考える会社が増えてきたのです。

 

反対に、銀行は低金利で勝負しています。しかし消費者金融はそういった運営方法はできません。なぜなら、銀行からお金を借り、そのお金を顧客に貸しているため、元々の運営資金を銀行から借りているぶんだけ、利息は多めに取るという運営方法を取る必要性があるのです。

 

審査基準の緩さ

消費者金融は顧客獲得に必死なため、必要事項を書いて満たしていればすぐに審査に通過するというケースも多いのです。コンピュータ審査を行っているのは消費者金融も銀行も同じですが、消費者金融はそれだけ運営に熱心だということなのです。このコンピュータ審査によって、顧客の返済能力や借り入れ可能額が決定されます。消費者金融はコンピュータで審査可能という結果が出れば、スタッフの最終確認もありますが、銀行並みに厳しいということはありません。

 

これとは反対に、銀行カードローンは審査基準が厳しく、在籍確認も本人が出なくてもOKというわけではなく、必ず本人が電話を受けないといけないという場合があります。消費者金融はそういったことはなく、職場の受付で本人がその会社にいることが確認できればそれでOKというケースもあるため、審査に関しては緩いということが言えます。

 

自動契約機を使っての柔軟な対応が可能に

自動契約機は消費者金融会社が全国に配置しています。しかし銀行カードローンの場合は違い、銀行は全国に自動契約機は配置していませんので、店舗の営業時間が過ぎた場合、翌営業日以降の審査になってしまうことが多いのですが、消費者金融の自動契約機では、店舗が営業時間を過ぎたとしてもカードをその場で発行してお金を借りることができますので、もっと時間を短くしたいのであれば、事前にネット審査を終わらせてから契約機で申し込むと時間がかからずに借入ができます。

消費者金融は即日融資が可能?

今すぐにお金が必要になってしまった場合、消費者金融のカードローンキャッシングがおすすめです。50万円以下であれば、即日融資も可能です。

 

消費者金融では50万円以下の少額の融資の場合、まず収入証明書を必要としません。また原則的に無担保・保証人なしで利用できます。

 

そして審査に掛かる時間が短い為、早い時間に申し込みを行った場合、即日融資も可能です。特に大手の消費者金融では即日融資を受けられる可能性が高いと言えます。

 

キャッシングは簡単?

消費者金融のカードローンを申し込むには、いくつかの条件があります。まず20歳以上であることが条件です。未成年はキャッシングを利用できません。そして借り入れを行う本人に定期的な収入があることも条件です。

 

収入がない人は消費者金融からの借り入れはできません。以上の条件さえ満たしていれば、あとは身分証明書を用意するだけです。これは運転免許証や健康保険証、もしくはパスポートが利用できます。

 

高額の融資の場合

50万円を超える融資になると、収入証明書の提出が必要になります。この収入証明書とは、会社が発行した源泉徴収票や給与明細書、もしくは役所で発行してもらう住民税の納税証明書などがそれに当たります。

 

申し込み時に身分証明書と一緒にそれらの書類の提出して審査を受けますが、年収の1/3を超える借り入れはできませんので、それ以下の額を申請してください。ですがこの高額の融資の場合は審査に時間が掛かることが多く、即日融資には向いていません。

 

申し込み方法は色々あります

大手の消費者金融では、インターネットから申し込みができるところも多くあります。申し込みをしたい会社のホームページから必要な情報を入力して、身分証明書は画像にしたものを一緒に送信します。早い時間に申し込みを行った場合、銀行振り込みで融資を受けることもできます。

 

また自動契約機を利用しても即日融資が可能です。その場でキャッシング用のカードが発行されます。インターネットから申し込みをした場合も同様に、審査が終わった後に自動契約機を使用してその場でキャッシング用のカードを受け取ることができます。カードを受け取った後は消費者金融のATMはもちろん、コンビニのATMからでもキャッシングが可能になります。

 

このように消費者金融では即日融資を受けることが可能ですが、申し込みの際にきちんとした情報を記入することが大切です。もし間違いがあった場合は訂正を求められますので、その分余計な時間が掛かってしまいます。勤務している会社について間違えてしまった場合、虚偽の申告をしたと思われてしまうことがあります。

 

この場合は即日融資どころか審査自体に落ちてしまう可能性があります。虚偽の申告は問題外です。必ずきちんと記入しましょう。これらの点に気をつけることで、消費者金融からの即日融資は決して難しくありません。

 

また消費者金融では初回の契約時に無利息期間を設定している会社もあります。そういう会社を利用すると即日融資に加え、金利の面でも優遇を受けることができますので、事前に調べておくことをおすすめします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴